講 習 内 容

日本語とマナー。それぞれ資格を持った講師たちが外国人技能実習生へ徹底指導

日常を想定した実践的な日本語講習

資格を有する専門講師が日本語指導を行うので、高い水準の日本語を身に付けることができます。SBC日本語学院研修センターには現地語が分かるスタッフ(ベトナム語、中国語)がおりますので安心して講習を受けていただけます。

当センターではJITCO発行の教材に加えてオリジナルの教材を使い、実際の現場で発生頻度が高いシチェーションを想定したロールプレイを取り入れた講習を実施。会話中心の実戦的な日本語を徹底的に教育していきます。
また、日本語カリキュラムは1コマ完結で12項目をループする構成となっており、どのコマから受講しても問題が無いような仕組みとなっています。
そのため実習生は、入国・研修センター到着のタイミングに拘わらず、全ての講習を受講する事となり、「受け漏れ」で言語レベルが低下する事はありません。
講習の様子はWEBカメラで配信しておりますので、企業様・組合様はいつでも講習の内容や、実習生の受講の様子などをご確認いただけます。

さらに、当センターでは研修修了後のアフター講習を実施します。
企業様より状況をヒアリング後、実習生に追加の指導要望がございましたらオンラインで講習を致します。

日本語講習は下記条件に該当する者が務めます

四年制大学卒業かつ以下のいずれかを満たす者

  • 日本語能力検定合格者
  • 日本語教師養成講座420時間を終了
  • 大学・大学院で日本語主専攻or副専攻修了者
  • 会話にポイントを絞り、ロールプレイを交えながらより実践的な日本語指導をしています

  • JITCO発行の教材に加えてオリジナルの教材を使用。ハイレベルな講習を行います

安全講習でトラブルを未然に防止

姫路警察署および姫路市消防局にて交通・生活安全講習、防災講習を実施しています。
災害発生時の対応要領や自転車の安全な運転方法、交通ルールや自転車の盗難防止など日常生活で必要なルールや注意事項を学びます。法的に義務付けられていることではありませんが、講習を行うことで技能実習生が事故や犯罪に巻き込まれる可能性をできる限り減らします。

  • 警察の方から交通ルールや生活する上での注意事項を学びます

  • 練習用の消火器を使った、消火訓練も行います

文化・生活講習で日本のマナーを集中指導

『整理、整頓、清掃、清潔、しつけ』の5S教育や、防犯・防災・交通安全指導や法的保護講習を行います。また、ごみの出し方やエチケットなど日本で生活するために必要不可欠となるルールやマナーを徹底的に指導してきます。

他にも、調理師免許を所持している講師による日本料理実習も実施。「食」から日本文化を学ぶ場を設けており、生ごみの処理・食材の保存方法・衛生管理はもとより、醤油・味噌の使い方を中心に実習し、衛生問題や匂いのトラブルを軽減させる事を目指します。

外国人技能実習生に文化の違いをしっかりと理解してもらい、日本で生活するためのルールを指導していきます

研修センターの1日のスケジュール

06:00 起床、洗面、身の回りの整頓
06:15~06:45 朝食、後片付け
08:30~12:00 午前の講習
12:00~13:00 昼食、後片付け、掃除、昼休憩
13:00~17:30 午後の講習
18:00~18:45 夕食、後片付け
18:45~19:15 掃除
19:30~21:30 自習
21:30~23:00 シャワー、洗濯、明日の準備など
23:00 就寝
TOP